大分県厚生連 健康管理センター〒874-8585 大分県別府市大字鶴見4333番地

連絡先
HOME > はじめての方へ

はじめての方へ

教育・研究

 普段何かと忙しい毎日をおくられている皆さん。人間ドックは病気の早期発見はもちろん、日頃の生活習慣を見直しこれからの毎日を健康に過ごすための大切な指針になります。当センターでは午前中に健診を受けていただいて、午後から医師や保健師管理栄養士による健診結果説明および必要に応じた生活指導を受けられます。1年に1回、自分の体を見直す時間を私たちと作りましょう。

健診の流れ

健診の流れ
検査が終わった方には結果説明までの間ゆっくりとすごしていただくための空間をご準備しています。

食事
 カロリーや塩分を計算した昼食を無料で提供させていただいております。

温泉
 4階には展望大浴場がございます。タオルを準備させていただいておりますので、皆様ご自由に別府の温泉をお楽しみください。

マッサージチェア
 受付までの待ち時間や、検査の後にはマッサージチェアでゆっくりされてみませんか?2階と4階に設置しておりますのでご利用ください。

エステ
 ゆっくりとした時間を過ごしていただきたくてご準備いたしました。空き時間にリラクゼーションタイムなどいかがですか。

主な検査のご紹介

<肺がん検診>
 胸部X線検査:主に肺と心臓の陰影を診断する標準的な検査です。
 胸部CT検査:X線検査で死角になる部位や小さな異常まで描出できる検査で、40歳以上の喫煙者には推奨されます。

<胃がん検診>
 胃X線検査:バリウムと発泡剤を飲んで、主に胃内の凹凸を描出する検査です。バリウムを胃粘膜全体に乗せるため、また胃粘膜をくまなく撮影するために、検査中は体位変換にご協力ください。

 胃内視鏡検査(胃カメラ):太さ9mm弱の内視鏡を口から挿入し、胃、食道、十二指腸粘膜を直接観察する検査で、バリウムでは発見しにくい、小さく凹凸に乏しい病変も発見できます。さらに異常が疑われた場合、生検(組織を採取する検査)を行うことも可能です。またNBIという特殊光を併用することで、特に早期の食道がんの発見に成果を上げています。

<大腸がん検診>
 便潜血検査:予め送付された専用容器で便を採取し、血液反応の有無を調べます。大腸がん検診の標準的な検査で、2回分を提出することで検査感度が上がります。
 S状結腸内視鏡検査(※宿泊ドックのみ):日本人の大腸がん発生部位の60~70%を占める直腸とS状結腸を内視鏡で直接観察する検査です。前処置は浣腸のみで行います。

<乳がん検診>
 マンモグラフィ検査:専用の装置に乳房をはさんだ状態でX線撮影を行う検査で、特に石灰化を伴う病変の診断に適しています。
 乳房超音波(エコー)検査:皮膚面から超音波を当て、乳房内を観察する検査で、腫瘤の検出に優れています。高濃度乳腺の方(若年者など)には特に推奨されます。

<子宮頸がん検診>
 専用ブラシで子宮頸部粘膜を擦過して細胞を採取し、顕微鏡で悪性度を判定します。

<腹部超音波(エコー)検査>
 上腹部超音波検査:皮膚面から超音波を当て、肝臓、胆のう、胆管、膵臓、腎臓、脾臓、腹部大動脈などの臓器を調べる検査です。痛みや放射線被曝のない検査ですが、脂肪や腸内のガスに影響され、見えにくい臓器もあります。
 膀胱・前立腺超音波検査:下腹部の皮膚面に超音波を当て観察する検査で、膀胱内の観察のため尿を貯めてから検査を始めます。

<甲状腺検診>
 血液検査と超音波検査で判定します。
 血液検査では甲状腺関連のホルモンを測定し、機能の亢進や低下の有無を診断します。超音波検査では喉の皮膚面に超音波を当て、甲状腺の大きさや腫瘍の有無を調べます。喉に違和感のある方、急な体重の増減がある方、疲れやすい方などにおすすめの検査です。

<心臓・血管に関する検査>
 心電図検査:心臓の筋肉内を流れる電流を記録する検査です。不整脈や心筋の血液循環不良などがわかります。
 心不全検査:血液でNT-pro BNPという物質を測定し、心不全の早期診断に役立つ検査です。動悸、息切れが気になる方におすすめの検査です。
 心臓超音波(エコー)検査(※宿泊ドックのみ):前胸部に超音波を当て、心臓の筋肉の厚さ、心臓の筋肉や弁の動き、心臓内の血流などを測定します。弁膜症、心筋症、心筋梗塞などがわかります。
 自転車エルゴメーター検査:自転車漕ぎ運動を行うことで心臓に負担をかけ、症状の有無や心電図の変化を調べます。安静時の心電図ではわからない狭心症や不整脈が判明することがあります。
 ABI検査:ABIは下肢の動脈の狭窄や閉塞を評価する指標となり、下肢のしびれや冷感が気になる方や喫煙歴が長い方におすすめの検査です。また動脈硬化の指標となるCAVI検査も同時に行い、血管年齢を測定します。
 頸動脈エコー検査(※脳ドックと宿泊ドックのみ):頸部の皮膚面から超音波を当て、左右の頸動脈の血管壁の厚さを測定して、動脈硬化の程度を判定します。

<骨粗鬆症検診>
 骨密度検査(DEXA法):腰椎と股関節の骨量を、X線を用いて測定し、骨粗鬆症の有無を調べます。やせ型の方や閉経後の女性におすすめの検査です。

<筋肉や脂肪の付き方を診断する検査>
 体組成検査:体幹、左右の上・下肢の筋肉量と脂肪量を測定し、部位ごとに標準的かどうかを判定します。

▲ ページトップへ